100周年をこえて

Over 100 years

先人の偉業に敬愛と感謝をこめて

Over 100 years since its founding

当社は大正10年1月1日に創業し、晴れて100周年を迎えることが出来ました。

創業者岸田國光のもと、土木工事を主体として請負業を始める中、コンクリート構造物の施工に精通し橋梁・擁壁等の築造に特化する技術を研鑽し、一時は函館にも事業所を開設するなど、全道的に業務を展開してきました。

各地での橋梁等の作工物の施工は高い評価を受け‘橋の岸田”との言葉もいただけました。

米嶋敏雄が事業を継承するも、第1次オイルショックの流れを受け業況も厳しい中、金融・燃料等で多くの企業の方に助けていただきました。

昭和40年代は宅地造成も盛んとなり、不動産業に精通していた米嶋が自社所有のダンプ・重機を駆使して、多くの造成工事を手がけました。

pr450

又、建築業にも事業を展開し一般住宅から民間建築物等を手がけれるようになりました。施工技術力も向上する中、公共建築工事にも参加できるようになりました。

公共土木工事を主体とする中、建築工事も受注を重ね、店舗・事務所・工場と中規模の受注を伸ばせるようになりました。

近年は店舗展開を積極的にする企業等の受注が、建築工事の受注を伸ばす要因となっています。

これらの受注の機会を得続けれたのは、一重に施工品質の維持向上を目指し、良質な技術の研鑽に励んできたからと思います。

何時の時代も企業は人で成り立つ中、人財の確保・育成は企業の重要な課題です。
次世代となる人たちに、この業界に興味を持ってもらえる環境を作り、少し長い時間は掛かりますが業界を盛り上げていければと思います。

創業よりの先人の絶え間ない努力に感謝するとともに、携わる多くの社員が歴史を刻み本日に至りました。

この先も’’誠意・創意・熱意”の社是の元、前に進む気持ちを強く持ち社業に取り組みたいと思います。

ここに100年の歩みを纏め、記憶に残る年としたいと思います。

令和3年1月1日

株式会社 岸田組
代表取締役 米嶋 均

北海道経済で紹介されました